矯正歯科をお探しなら、さいたま市の石塚矯正歯科クリニックで相談を!

神経を取ってしまった歯でも矯正はできますか?

石塚矯正歯科トップ>よくある質問>神経を取ってしまった歯でも矯正はできますか?

たとえ神経を取ってしまった歯でも、歯根の状態が良ければ歯の移動に問題はありません。神経を取ってしまったとしても、歯根の周りの組織は変わらず生きていますので、歯の移動を行う上での違いはありません。(歯はなぜ動かせるのか?参照)
しかし、歯根の状態をレントゲンで調べてみて、歯根の先に病気があるような場合には、矯正治療前に根の治療をする必要があります。また、差し歯の場合、矯正治療に伴い歯肉の高さが変化するため、差し歯の境い目が気になるときには矯正治療後に作り直しが必要になります。
一方、矯正治療の際に歯を抜く必要がある場合には、話が違ってきます。神経を取ってしまった歯の寿命は、健康な歯と比べて短くなりやすいため、できるだけ良い歯を残そうとすれば、神経を取ってしまった歯やレントゲンで調べてみて歯根の短くなっている歯を抜くようにします。結果として左右の抜歯部位が異なることで、対称な移動や奥歯の固定が困難になったりして、矯正治療を行う上で不利になることもありますが、そのような場合にはインプラントを利用することで問題は解決されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional